アニメギャラクシー

アニメ漫画考察ブログ

【鬼滅の刃完全ガイド】鬼殺隊の階級と昇進プロセスを徹底解説!柱になるまでの全ステップ

本記事はプロモーションを含みます

鬼滅の刃の世界では、最終選別に成功すると鬼殺隊員としての道が開かれます。新たな隊員は全員が最低ランクからキャリアをスタートし、最初の階級は「癸(みずのと)」です。

階級は「癸(みずのと)」から始まり、頂点である「甲(きのえ)」に至るまでの階段を登っていきます。最高位の「甲」に到達した隊員は、鬼殺隊の中核を担う重要な役割として、「柱」として任命されることがあります。

この記事では、鬼殺隊の各階級とその読み方、さらに柱になるための条件などを詳細に解説しています。

柱になる方法

柱になるには、最高位の甲階級に昇進し、鬼殺隊の中で特に卓越した功績を挙げる必要があります。

炭治郎たちの階級

炭治郎や彼の仲間たちがどの階級にいるのかも興味深いポイントです。彼らの現在の階級についても触れています。

鬼殺隊の階級システムとは

鬼滅の刃の物語の中で、鬼殺隊の隊士たちは最終選別をクリアすると、彼らの階級が手の甲に特殊な技術「藤花彫り(とうかぼり)」で刻まれるようになります。

階級表示の特殊な方法

この技術により、通常は何も表示されない手のひらが、筋肉の動きとともに階級を示すようになります。これによって隊士たちは自分の地位を常に意識することができます。

伊之助と炭治郎のエピソード

遊郭編では、伊之助がこの事実を炭治郎に示しています。このシステムについての知識は、おそらく最終選別を通過した隊士に対して共有されるものですが、炭治郎はその時疲労が重なっていて、詳細を把握しきれていなかったようです。

鬼滅の刃における鬼殺隊の階級構造

鬼殺隊の階級システムは、全10段階から成り立っています。各階級には、それぞれ異なる鬼殺隊員が位置づけられており、最終選別を通過すると、その隊員たちの階級もこの時に確定されます。

鬼殺隊の階級と主要キャラクター

順位 階級 該当キャラクター
1 甲(きのえ)
2 乙(きのと)  
3 丙(ひのえ) 無限城編の時の炭治郎、善逸、伊之助
4 丁(ひのと) 栗花落カナヲ、不死川玄弥
5 戊(つちのえ)  
6 己(つちのと)  
7 庚(かのえ) 遊郭編の時の炭治郎、善逸、伊之助
8 辛(かのと)  
9 壬(みずのえ)  
10 癸(みずのと) 全員のスタート地点

階級昇進とその要件

階級の昇進は、主に鬼の討伐実績により決まります。具体的には、下弦や上弦の鬼を倒した実績が昇進に大きく影響しますが、階級が上がるための具体的な討伐数についての明確な基準は設けられていません。

給与体系とその特典

階級が癸(みずのと)の時点での給料は約20万円と比較的低めですが、柱になると、望むだけの給料を受け取ることができ、屋敷の提供などの特典が与えられます。例えば、しのぶの蝶屋敷もその一例です。

鬼滅の刃の「柱」とは?柱になるための条件

鬼殺隊の中でも特に重要な役割を担うのが「柱」です。これは最上階級の甲(きのえ)を超えた、鬼殺隊を支える核となる剣士たちのことを指します。

柱になるための具体的な条件

柱に昇格するためには、以下の2つの条件をクリアする必要があります:

  • 階級が甲であること
  • 十二鬼月を1体以上倒す、もしくは鬼を50体以上討伐する

柱の定員は常に9人とされていますが、常に満席とは限らず、しばしば空席が発生します。これは鬼との戦いで命を落とす剣士が多いためで、煉獄杏寿郎外伝での不死川実弥の発言にも「柱の席は空きっぱなしだ」とあります。

柱の特権と象徴

柱としての地位は、隊員たちの手の甲にも象徴されます。柱としての地位を持つ者は、その階級を超越し、彼らの手の甲には「水柱」の場合は「水」、炎柱の場合は「炎」などと柱名が刻まれます。

これらの条件と特権を通じて、鬼殺隊の中で生き残り、強くなることの難しさが浮き彫りになります。

まとめ:鬼滅の刃における鬼殺隊の階級の概要

この記事では、鬼殺隊の階級システムについて詳しく解説しました。以下にその要点をまとめます。

階級システムの特徴

  • 隊員の手の甲には現在の階級が刻まれ、それによって自身のランクを確認できます。
  • 階級は全部で10段階あり、最低ランクの癸(みずのと)から最高ランクの甲(きのえ)まで存在します。
  • 炭治郎、善逸、伊之助は、物語が進むにつれて癸から庚、さらには丙へと昇進しています。

柱についての誤解と真実

柱とは、一般的な階級システムの一部ではなく、甲の階級を持つ隊員の中でも特に優れた剣士に与えられる称号です。柱になるための条件は以下の通りです:

  • 階級が甲であること。
  • 十二鬼月の鬼を倒す、または50体以上の鬼を討伐すること。

物語の中で、中間の階級についての言及が少ないため、詳細を覚えているファンは「鬼滅の刃マスター」とも言えるでしょう!また、柱が単なる階級ではなく、より高い称号であることを知ると多くのファンにとって意外な事実かもしれません。

プライバシーポリシー お問い合わせ © 2024 アニメギャラクシー All rights reserved.